青果流通のコーディネーターをめざして

当社は、創業大正13年(1924年)より青果問屋「後藤商店」として青果物の流通に携わってきました。 刻々と変化する社会情勢に伴い青果物流通も大きく姿を変えてきました。

時代の流れによって変わらなければいけない事、時代がかわっても替えてはいけない事の見極めをしなければなりません。

「地産地消」「産地直送」と多様化した消費者ニーズや、「大型量販店」「24時間営業」と小売業の業態変化、「卸売市場法改正」による市場流通の変化に対応してきました。その一方で生産者、農協担当者、市場関係者との密なお付き合いは変わっていません。

当社の役割は、生産者とお客様の中継地点として商品を流通させることだけにとどまりません。日本全国の生産地と協力し、消費者ニーズに合った農産物の商品化を企画し、お客様のもとへ効率的かつスムーズに商品を流通させることを目指しております。

毎日、北海道から沖縄まで青果物を安定的、かつ継続的に供給しておりますが、このような事業の継続ができるのは、生産者、卸会社とお取引先様のご理解と信頼関係なしには成り立ちません。

私たちは青果物流通のコーディネーターとしての機能を発揮して、企画・提案そして逸早く的確な情報提供ができる、付加価値の高い仲卸企業を目指しております。


株式会社マルゴ
代表取締役 後藤義能